2008年09月12日

ダークナイト

やっと、映画館で観てきました。

ダークナイト(2008)
(THE DARK KNIGHT)


予想以上に、暗く重い内容だった印象を受けました。バットマン
はやっぱり孤独なヒーローなんだな。。。そして、ジョーカーの
恐ろしいほどの存在感。

今までのシリーズの悪役はどこかピエロっぽい要素があって、悪
いことはするけど何か弱みを持ってる・抜けている感があった。
今回のヒース・レジャーのジョーカーは、全く別物。徹底した
役作りから生まれた狂人だった。

映画全体から醸し出される救いようのない絶望感・荒廃感が彼の
存在をさらに際立たせていました。これからあのゴッサムシティ
はどうなるんだろう?個人的に印象に残っているのは、元恋人
レイチェルがブルース宛に書いた手紙に対して、執事アルフレッド
がしたこと。。。彼もいい味出していますね。

脇役達もなかなかしっかりしていて、全体的に観ていて安心感
がある作品でした。


☆人気ブログランキングへ☆


もう1つ、印象的だったこと。週末とはいえ、公開からだいぶ
経っているこの映画ですがエンドロールが終了するまで誰一人
として席を立つ人がいなかったのです!(←こんなの初めて)
それくらい、皆どっぷりとこの世界に浸っていたのかな?


こちらの本も読み応えがありそうです↓
Batman: The Dark Knight Returns (Batman)
posted by ころん at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。