2008年05月12日

[S]サブダのオズ仕掛け絵本

NYで観るつもりのミュージカル『WICKED』。これは有名な
「オズの魔法使い」の裏話。西の悪い魔女エルファバ(緑色
の顔で、映画ではドロシーに水をかけられて消えてしまう)
が主役のお話です。

今日は同じ<オズ>でもロバート・サブダの仕掛け絵本を↓



タイトル:
The Wonderful Wizard of Oz: A Commemorative Pop-Up
(The Childhood of Famous Americans Series)
ハードカバー14ページ

著者:L. Frank Baum
イラスト:Robert Sabuda

以前、サブダの『不思議の国のアリス・仕掛け絵本』を紹介
しましたが、こちらもまた素敵なんですよ〜ぴかぴか(新しい)

ロバート・サブダ氏はアメリカ在住の飛び出す絵本の第一人者
ともいわれる<ポップアップ作家兼ペーパー エンジニア>。

Amazonのリンク先には、少しだけ内容も紹介されているので
よかったら覗いてみてください。

ただの絵本、なんていえないくらいの色彩感覚の素晴らしさ
と、驚きの仕掛けの連続。どうなってるんだろう〜?って
大人でもひっくり返して見たくなる本です(笑)。これは
「色つきメガネ」がついてますよ。お子さんは喜ぶかも。

本当に英語がわからなくても、眺めているだけでも十分に
楽しめるので大人から子供まで年代を問わずおススメです。
もちろん、ストーリーを知っていればもっと楽しい!

一度手に取ったらきっとコレクションしたくなる作家さん
の一人です。


L.フランク・ボームの原書も読んでみる?↓↓↓
The Wonderful Wizard of Oz


人気ブログランキングへ ←応援ありがとうございます☆


ペラペラ英会話マスターの法則って?↓↓↓
わずか97日で英会話が自分のものになる!
posted by ころん at 16:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語絵本・洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

[M]くまのプーさんとミルン詩集

近所の桜並木、昨日の強風ダッシュ(走り出すさま)にも頑張って持ちこたえてた!
週末に向けて気温も上がりそうで、春本番ですねかわいい

今日はクラシックな『くまのプーさん』のご紹介。

book_1

タイトル:Winnie-The-Pooh
著者:A. A. Milne
イラスト:Ernest H. Shepard
ペーパーバック176ページ

この写真は『Pooh's Library』というシリーズ4冊セット。
ロスの古本屋さんで偶然見つけたもの目。なんと$4.50で!


代表的なのはオレンジ色の表紙の 『Winnie-The-Pooh
その続きの話 『The House at Pooh Corner

ミルンの詩集である 『When We Were Very Young』 と
Now We Are Six』 の4冊です。



セットだけど、プーさんが出てくるのは最初の2冊だけ。
後はミルンが子供の目線で描く世界の詩集。

実はこの詩集、学生時代に詩の授業で読んだことがあって、
ずっと探していたんです〜。見つけたときは本当に懐かしか
ったわーい(嬉しい顔)。児童心理学をやりたかったから、こういう子供の心
の世界(空想の世界)を表現した詩は大好きハートたち(複数ハート)


プーさんのオリジナルなイラストもディズニー版と比べて
クラシックで和みます。読みやすいけど、わざとスペルミス
や造語のある<プー語>
や独特のイギリス英語には慣れが
必要かな?

他にもCD付きやCOOK-BOOKなどいろんなバリエーションで
出ているので一度手に取ってみて!


紹介した4冊セットはコレ↓↓↓
Pooh's Library: Winnie-The Pooh/the House at Pooh Corner/When We Were Very Young/Now We Are Six/Boxed Set

こういう本もあるよ〜↓↓↓
「クマのプーさん」を英語で読み直す (NHKブックス)



人気ブログランキングへ←応援「ポチッ」とお願いします!


たまには英語でたくさん書いてみる?↓↓↓
英語を毎日の習慣にしょう! 洋書がもらえる英語学習! 月々2,900円からの“英語便“
posted by ころん at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語絵本・洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

[M]子犬×アンティークのコラボ

今日はすごい強風の1日でしたねダッシュ(走り出すさま)
4月になったので気分を変えてテンプレートを変更して
みました。エイプリールフール、じゃないですよ〜わーい(嬉しい顔)


今日は私の大好きな写真集の話です。

アメリカの本屋さんで偶然見つけたこの子犬の本
めちゃめちゃ癒されます。色やテイストも本当に好き揺れるハート

book_2

タイトル:Lightweights
著者:Sharon Montrose
ハードカバー80ページ

book_3

いろんな子犬がアンティークのスケールに乗せられている
だけ。。。なんだけどすごく雰囲気があってずっと眺めて
いたくなる〜。インテリアとして本棚に飾るもの素敵ですよ。

アメリカではベストセラー本になったそうですが、うん納得!

book_4

全部に「犬種・子犬の名前・生後○週間・△ポンド」って
書いてあります。すやすや寝ちゃってる子もいてハートたち(複数ハート)

シャロン・モンツローズさんは他にもこのシリーズで犬種毎の
写真集も出してますよ(プードル・パグ・ラブラドールetc)。
好きな犬種があったらぜひ見てほしいなぁ目


私はこの本をアメリカではゲストルームに置いていました。
日本から遊びに来てくれた友人に夜寝る前とかに眺めて
もらいたかったからぴかぴか(新しい)(←時差ぼけ眠い(睡眠)キツイし!)


そうそう、日本語版のタイトルは『子犬の目方』だって!
↓表紙も違うよ〜!!こっちはフレンチブルかな?ちっちゃい!




人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます♪
posted by ころん at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語絵本・洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

英語で旅行ガイドブックを読もう

雨もそろそろあがってきそうな感じ小雨
こんな暖かい雨は「花おこしの雨」って言うんだって!

そういえば昨日はEASTER(復活祭)でした。
イースターは『春分の日後の満月の後の日曜日』という
決まりみたい。それにしても覚えにくいな〜(笑)。

さて旅行前にいろいろ下調べ本するのって楽しいですよね?
でも帰ってきた後に余韻に浸っておさらいするのも好きexclamation

そんな時も英語でチャレンジ!



タイトル:
DK Eyewitness San Francisco & Northern California
著者:Jamie Jensen, Barry Parr
336ページ

我が家はこのシリーズが気に入ってしまい、他にも
California」「CANADA」も持ってますよ〜。

歴史や文化についての読み物としてもおもしろいし、詳細
なストリートレベルの地図が載ってるところがいい!写真
やイラストも多いので旅の思い出に読むと満喫できますぴかぴか(新しい)

知ってること(行ったことのあるところ)を英語で読む
は、意外と抵抗がないですよ。「JAPAN」も興味深い↓


世界各国のガイドブックがでているみたいなので、一度
手に取ってみては?
<DK Eyewitness>+<地名or国名>で探せるよ↓↓↓




banner_02.gif←このブログはいま何位かなぁ?


海外留学なしでも英語が話せるようになる学習法って?↓↓↓
ネイティヴ英語環境 (しっかり勉強したい人向け!)
posted by ころん at 13:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語絵本・洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

[T]ターシャの庭

桜の開花予想がでましたねかわいい
都内では23日・24日ごろだそうです。もうすぐ!

ターシャ・テューダーという方をご存知ですか?
アメリカのバーモント州に住む絵本作家さんです。

最近テレビでも取り上げられたので見聞きしたことが
あるかたも多いかな。90歳を超えた現在でもお元気で
広大な自宅の敷地(30万坪!)を美しく手入れされて
いる様子が、何度も写真集になっているのです。



タイトル:Tasha Tudor's Garden
著者:Tasha Tudor, Tovah Martin
写真:Richard W. Brown
ハードカバー160ページ

こちらは新しく出た日本版オリジナル編集
本屋さんでよく見かけるのはこれですね↓
愛犬コーギーがかわいい揺れるハート



35年かけて作り上げたお庭というだけあってスケールが
違うけど、本当にお花というか自然が大好きなんだなぁハートたち(複数ハート)
というのがよく伝わってきます。

本当に好きなことに没頭できるって幸せですよね。
本にも書いてありましたが、90歳過ぎた今はバラの
専門家
になりたいそうです〜(←素敵!)。

ターシャさん曰く『もっと知りたい、もっと極めたい
という夢には限りがない
』そうです。私もこんな風に
歳を重ねていきたいですぴかぴか(新しい)

ターシャさんの公式ページ(もちろん英語)
絵本の挿絵etc温かみのあるページですよ〜。
http://www.tashatudorandfamily.com/


いつもありがとうございますn(_ _)n
banner_02.gif
posted by ころん at 16:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語絵本・洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

[B]キューティ・ブロンド

ダウン&マフラーからトレンチコート&春色ストールに
衣替えブティック!春色の小物だと気分もウキウキしてきます。

先日テレビをつけて思わず「また」見てしまったこの映画。
その原作本本のご紹介です。



タイトル:Legally Blonde (Little, Brown)
著者:Amanda Brown
ペーパーバック288ページ

リース・ウィザースプーン主演の『キューティ・ブロンド
と言ったほうがわかりやすいかな?あのピンク色カバンがトレード
マークのブロンド娘、エル・ウッズのお話です。

エルはロサンゼルスにある南カリフォルニア大学でデザイン
を学ぶお嬢様リボン。ソロリティ(女子社交クラブ)会長でもあって
皆の人気者。恋人ワーナーからのプロポーズを夢みていたの
に、あっさり振られてしまい。。。

彼にふさわしい恋人になるために追いかけてハーバード
ロースクールへ!ガールズパワー炸裂かわいいの奮闘記です。

ひと言!

とにかく見るだけで(読むだけでも!)元気パンチが出ます!
気分がアガリますグッド(上向き矢印)なんか嫌なことあっても忘れちゃう!

設定はちょっとありえない〜あせあせ(飛び散る汗)っていうのもあるけどでも
そんなの気にならないくらい楽しめます。

私が最初に映画で見たのはロスで数ヶ月一人暮らしをして
いた頃。テレビで見てなんかすごく元気をもらった思い出
があります。たぶんちょっと寂しかったんだろうなぁわーい(嬉しい顔)。。


元気がほしいとき読んでみてね!↓↓↓
Legally Blonde (Little, Brown)

DVDもおススメ!↓↓↓
キューティ・ブロンド (特別編) (ベストヒット・セレクション)
キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX (特別編)
(ベストヒット・セレクション)



いつも遊びに来てくれてありがとう☆
banner_02.gif←ここもポチっとお願いします



←エルが着てたバスローブ発見♪
posted by ころん at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語絵本・洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

[S]ポッタリー・バーンのインテリア

今日は料理教室で「菜の花とベーコンのパスタ」+αを
作ってきました。旬の素材ってやっぱり美味しい揺れるハート

【Pottery Barn】とはアメリカのインテリアショップです。
ロサンゼルスにもあって私は結構ちょくちょく覗いてた目
好きなお店のひとつ。毎シーズン出るカタログも大好きでした。



タイトル:
 Pottery Barn Living Rooms
 (Pottery Barn Design Library)
 
 ハードカバー192ページ

著者:Bonnie Schwartz,Clay Ide
写真:Alan Williams

シンプルでいて、でもオシャレなインテリア小物を探す時
に重宝でした。ちょっとしたギフトにも便利!キャンドル
キッチングッズ・テーブルウェアなんかはよく買ったなぁ。

もちろん、ソファなどの家具もあるから、ベッドルーム、
リビング&ダイニング・ルーム、バスルームと家中すべて
揃えられます!(贅沢〜ぴかぴか(新しい)

この本は、そんなお店のインテリアをイメージした写真集本
リビング・ベッド・バスルームのシリーズ本の中の1冊です。

シンプルなインテリアが好きなら、眺めているだけでも楽し
いんじゃないかな?毎日の生活のちょっとしたヒントひらめきになり
そうなおしゃれな1冊ですよ〜。

Pottery Barn Living Rooms (Pottery Barn Design Library)

ちなみにこのお店の公式ページはコチラ!見てみてねサーチ(調べる)
http://www.potterybarn.com (英語)


↓ランキングに参加しています↓
ポチっと1票お願いします。n(_ _)n
banner_02.gif
posted by ころん at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語絵本・洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

[S]サブダのアリス仕掛け絵本

昨日は桃の節句・ひな祭りリボンでしたね。
最近はコンパクトな立ち雛やお内裏さま・お雛さまだけの
シンプルなものが人気みたいですね!

さて、今日は私のお気に入りの仕掛け絵本のお話!

このジャンルでは有名な作家さんの作品本です。
私は初めてコレ↓を見たときは本当に感動しました〜ハートたち(複数ハート)



タイトル:
 Alice's Adventures in Wonderland:
 A Pop-Up Adaptation of Lewis Carroll's Original Tale


 (New York Times Best Illustrated Books (Awards))
 ハードカバー12ページ

作・絵: 
 Robert Sabuda, Lewis Carroll

あの有名なルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』を
もとに、ロバート・サブダが独自の世界観でポップ・アート
を作ったのがこの本。

原作に忠実なんだけどその仕掛けといったらもうびっくり!
どうしたらこんなのが作れるんだろう?って大人もみとれて
しまいます目

本当に「大人も楽しめる絵本」とはこういう作品!まさに
アートです。お子さんでも、英語がわからなくても、話を
よく知らない方でも、眺めているだけで、楽しめます。

ハートカバーなので丈夫です。
ギフトプレゼントにもぴったりですよ〜。

Alice's Adventures in Wonderland:
A Pop-Up Adaptation of Lewis Carroll's Original Tale
(New York Times Best Illustrated Books (Awards))


サブダの作品は他にもいろいろあるのでまた書きたいなペン


いつも遊びに来てくれてありがとう☆
応援「ポチッ↓」とお願いします!
banner_02.gif
posted by ころん at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語絵本・洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。